Tagged: Sam Mendes

【movie】アメリカン・ビューティ(2000/アメリカ)

資本大国に上り詰めたアメリカには、こんな側面もあります

10年ほど前にDVDレンタルで2回ほど見て、それからマイ・フェイバリットの一つにしている映画。
だから今回が通算3回目。何度見ても良い。10年に1回、いや、5年に1回は見返したい。

タイトル、そしてシーンに音楽。どこを取っても美しい映画。
ストーリーはとても憂鬱なのに、この官能的とも言える演出の美しさはなんだろう。

アメリカの、郊外の中産階級の、閉塞した家族空間が舞台だ。
これはアメリカ版『家族ゲーム』だが、
80年代の日本の家族ゲームよりも、異国アメリカで作られたこの映画の方が現代的で
身に迫るモノがある。つまるところ、アメリカン・ビューティで描かれている
中産階級の閉塞感は先進国の共通の病なのだろう。そしてこの映画がなぜ現代的なのかは後ほど。

初見では気づかなかったが、後に『007 スカイフォール』を撮る監督のサム・メンデスは
主人公のレスターを情けない男のはずなのに、とてもダンディでクールな男のように撮影している。女性もセクシーに描く。
要するにこの人は役者の持つセクシャリティを引き出すのがうまいのだろう。

家族は崩壊していなかった。

はじめてこの映画を見たのは20歳過ぎのころ。
そのころはこの映画にはどこにも善人がいないところが気になった。
そして私はこんな家庭に生まれたらイヤだという息子・娘目線だった。
30を過ぎてもう一度見返すと、みんな良い部分がある。
本当の悪人は一人しか居ない(いや、その一人も本当の悪人かどうか分からない)

それに、10年の間にまったく話のスジを忘れていたのだが、
主人公のレスター(ケヴィン・スペイシー)は最後の最後で、
奥さんと一人娘を愛する生活のすばらしさに気づく。改心する。

皮肉にも、娘の友達への恋心が成就することで、自分は誰かに
ちゃんと愛されたかったのだということが伝わるラストになっている。

奥さんのキャロライン(アネット・ベニング)も、レスターが死んだあとに、
彼の衣類を抱きながら泣き崩れている。キャロラインは彼を愛していたのだ。
夫婦仲を引き裂く上昇志向さや潔癖さもよく見ると、
彼女の出生に原因があるのかな、とにおわせる描写が一シーンだけあった。

ついでに言えば、娘のジェーン(ソーラ・バーチ)は
思春期を乗り越えたら父と母を愛するよき娘になるだろう。
おそらくあの恋人とも別れるはずだ。

この映画の美しさは映像の美しさに起因するが、
本当には家族の愛はなくなっていなかった(だがしかし、失うことになってしまう)という部分も、
この映画を美しいものにしている重要な要素だ。

この映画が描く、家族崩壊に次ぐ大きな視点

この映画が良くできているのは、
決定的ないくつかの事件が起こる前から
どうも居心地の悪さや不穏な空気をまとっているところだろう。
まさかサムメンデスは予言者ではないだろうが、それは翌年、
世界を震撼させるニューヨークの多発テロを予言しているかのようだ。

なぜ居心地が悪いのか考えたところ、
『核家族の崩壊』という物語の核となるテーマに加えて、
もう一つ重要なテーマが描かれているところだろう。

それは、『監視』の視点である。
重要な事件が窓越しに監視されているところ。そして決定的なのは
隣人であり、娘の恋人のリッキー(ウェス・ベントリー)が常に抱えている『ビデオカメラ』の存在である。
これがあることによって、『監視』がこの物語の重要なテーマであることが確信できる。

つまり、相互に監視される社会の生きづらさという視点が、家族崩壊という大テーマの影でたくみに描かれているのだ。
だからこそこの映画は、“現代的な”家族崩壊というテーマを描くことに成功しているのだろう。

サム・メンデスは寡作だ。こだわりやだからかもしれないが、もっと見たい。

アメリカン・ビューティ
2000/アメリカ

監督:サム・メンデス(Sam Mendes)『レボリューショナリー・ロード』『007 スカイフォール』
主演:ケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)『ユージュアル・サスペクツ』『セブン』
出演:アネット・ベニング(Annette Bening)『キッズ・オールライト』/ソーラ・バーチ(Thora Birch)/ミーナ・スヴァーリ(Mena Suvari)
脚本:アラン・ボール(Alan Ball)/音楽:トーマス・ニューマン(Thomas Newman)『アジャストメント』『007 スカイフォール』『ショーシャンクの空に』