Tagged: 2012

【BOOKS】アダルトサイトの経済学/沢田高士(2012)

あなたがよく見るあのサイト、どうやって収益をあげているのか気になりませんか?

面白かった。良書。

著者はアダルトサイトで一時期月に200万円以上の収益(ということは、年収2000万~3000万円)を得ていた人物。アフィリエイトを1件獲得する労力は、例えば「Amazonの本」だろうと「楽天の机」だろうと「海外の無修正アダルトサイト」だろうとそれほど変わりません。

しかし、アフィリエイトの利率は大きく違います。例えば、Amazonは3%のアフィリエイト収入ですが、某アダルトサイトへのアフィリエイト収入は30%を越えます。

すると単純に考えて、10倍稼ぎやすい手法であり、しかも月額課金のサイトが多いので、一度獲得できた顧客は翌月もアフィリエイト収入を運んできてくれる顧客である可能性が高いのです。

まとめると、アダルトサイトは、1.アフィリエイトの成果報酬の利率がそもそも高い2.アダルトサイトのアフィリエイト経由で有料サイトの会員となった場合、毎月アフィリエイト収入が得られるという2点が他のアフィリエイトよりも儲かるという根拠であり、2.の点から「アダルトサイトは定期収入が得られる固定資産である」という考えができるのです(ちょうど毎月住民から家賃が払われる不動産運営と似ていることから)。

このようなことがわかっただけでも、僕は非常にためになりました。

アダルトサイトを運営するためのリアルなところ(モデルの手配等)も理解できて良かったです。
ご一読あれ。