Tagged: ★6

【books】三十五歳たちへ。/泉麻人(1993)

20年前、泉麻人は歳を取ることについて何を考えていたか。

自宅の本棚をざーっと整理していくと、10年前に買って、途中で読まなくなった本が出てきたのです。それが、「三十五歳たちへ。/泉麻人」なのです。「ああ、そうか。泉麻人か。そうかそうか」などと言って読み始めたのです。私は32歳を目前に控え、このときの泉麻人さんに近づきつつある年齢。そんなこともあり、ページを開かずにはいられなかったのです。

実年齢的には近づきつつあるけど、生まれ育った年代は大きく違うので、分からないマニアックな話も部分も多分にあるのですが、ここにあるのは、時の人、時代を体現する若者を過ごした“コラムニスト・泉麻人”が、中年を迎えることに対する照れとか、寂しさとか、希望とか落ち着きとか、そういったものがない交ぜになったような感情が文章のそこかしこに現れ、それは30代前半を突き進む私の胸にも20年の時を越えて(この本は1993年に書かれた)刺さるものがあったのです。

泉麻人さんがこの本で対峙しているのは、新人類としてそれまでとはまったく違う“ナウな”価値観を背負った世代が、歳を取ることに戸惑っているという話で描かれていて、それは「いつまでも若くありたい」と「良い感じの枯れたオヤジへの憧れ」というダブルスタンダードの葛藤が、脳天気なコラムのそこかしこに立ち現れて、リアルタイム(当時私は中学生だった)とは違う読み方ができるようになっていました。

さて、この本の執筆当時と現在における35歳の意味の違いを考えると、歳を取ることの意味はこの20年で大きく変わってしまったと感じるのだ。今の35歳は、この頃の35歳のような寄る年波の焦りを感じているだろうか。それは、泉麻人さんをはじめとした新人類世代が、歳の取り方の概念をちょっとずつ変えた結果、このような世の中になったのであろう。先人達の苦労があって、我々は30代になってもカラオケに行ったり、ガリガリくん食べたり、牛乳瓶のフタを集めたり、コンパに行ったりといった一昔前なら子供っぽいとされてきた行為を違和感なく行えるのである。

ところで気になるのは、今は泉麻人さんの世代と別のバイアスが35歳にかかっているということだ。本人はオジサンになりたいのに、世間がなかなか歳を取らせてくれない。これは1993年の社会と別のバイアスである。35歳の泉麻人さんはもはや書き手としての円熟期に入っているのだが、私や私と同世代の書き手はどうだろう。いまだ“あるはずの未来の熟成”を目指して暗中模索しているイメージだ。我々は歳を取れなくなってしまった。人生の折り返しとも言える35歳を迎えてもなお。

そんなこんなで、年齢の価値、時代の空気、どちらのベクトルからも楽しめる本でした。小学生の朝井麻由美がマリオブラザーズにハマる描写も出てきて、とても楽しかったです。

【引っ越しのため手放す本をせっかくなのでレビュー】4冊目「キミは他人(ひと)に鼻毛が出てますよと言えるか/北尾トロ」

キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか/北尾トロ

★×6

小心者のライターが、普段からやりたいんだけどなかなかできないちょっとしたこと
(例えば「友人に貸した2000円を返してもらう」「競馬で30万円一点買い」)、
を実践するレポート。
こういう、「ただただ面白い、笑えるというノンフィクション本」みたいなものは、
最近減ってきましたね。

【引っ越しのため手放す本をせっかくなのでレビュー】2冊目「恋する原発/高橋源一郎」

恋する原発/高橋源一郎

★×6

高橋源一郎は、我々が震災後感じた、強迫症のような症状のまま、
衝動的に作品を書いている印象。作家としては正しい行いだと思った。
相変わらず不愉快な感じがたまらなくいいですね。
チャリティのためのAVを作るという感じがまた何とも。

【movie】さや侍(2011・日本)


(↑ Blu-rayも出てるけど通常のDVDで充分)

★★★★★★(6点/★は10点満点)

先々週、映画館公開は逃した松本人志監督の「さや侍」をDVDで観た。

松本人志監督は、日本の映画好きな人には評価されていない人だと思う。
この人の映画をまっすぐに評価する人を僕はあまり聞いたことがない。

みんな
「う、うん、テレビのコントの延長って感じで面白かったね」
「まっちゃんの姿がスクリーンで見れるってのはいいよねえ」
と言うんだ。僕も人に感想を聞かれたら肯定も否定もせず、そう言う。

テレビ番組「ごっつええ感じ」(1991~1997)で最も才気走ったコントを観ていた僕たちからすれば、コメディアンとして松本人志、コント作家としての松本人志を評価し、映画監督として評価するということはまだできていないみたいだ。

ただ、本当に箸にも棒にもかからないつまらない作品であれば、誰も観ないはずである。しかし、どうも次回作に期待している僕たちがいる。実際の出来より、期待値が高い監督であると言えるし、。

ちなみに、松本人志の過去作を僕のなかで10点満点で評価するなら過去作は、

大日本人(★×4)
しんぼる(★×6)
さや侍(★×6)

というところである。人によっては大日本人を最も評価する人もいるかもしれないけど、
僕個人の期待が高いだけに、最も苦痛な瞬間も多かった映画だった。(だいたい映画監督第1作目にして、これほどパーソナルについてすでに明かされている監督がいただろうか)
一方、期待がやや薄れてからの2作目
「しんぼる」に関して言えば、その設定自体が楽しいものであると言えるし(その突拍子もない設定は確かに松本人志的だった)、
3作目、「さや侍」は、松本人志こそ登場しないが、最もテレビで観る松本の笑いをどうスクリーンで再現するかという点においては
最も成功した作品であったと思う。

北野武が本当に評価されだしたのは、4作目「ソナチネ」あたりからだ。4作目は期待できるかもしれない。
そうやってずっと「もっとできるはず」という期待感を残したままなのかもしれないけど。

僕らの世代にとれば常識、しかし若い人にはひょっとしたら知らないかもしれないけど、松本人志の本当に才気走っていた頃を知らない世代のために、
頂点となる作品集としておすすめしたいのが「VISUALBUM」(1998~1999)シリーズだ。これまで、赤(りんご)、黄色(バナナ)、紫(ぶどう)の3作が出ている。
発表当時はVHSだった。今はDVDでも出ている

2003年に未公開シーンやメイキング(通称:黄緑(メロン))を加えた「BOXセット」が出ているので、これが松本人志の映像作品の最高到達点だと思ってくれて間違いない。
この3作は文句なしに★10である。

しかし今のところこれまでの映画は、かのVISUALBUMシリーズが到達した瞬間までには達していない。
ただ、これは松本人志が、海外というフィールドを意識せず、ドメスティックな笑いにこだわったからなのかもしれないけど。

個人的にいちばん好きな松本人志作品は、「寸止め海峡(仮題)」(1995)である。僕のなかでの松本人志最高傑作であると考えているのだけど、これは今もまだDVD化されていない作品である。本人がどこかの本で、「このコントライブが終わったあとに交通事故で死んだとしたら、それはそれでありやな」的なことを書いていた。

最後に、ダウンタウンファミリーと呼ばれる人が、本日登場した映画、作品、番組にどう関わっているかをDATAとして紹介する。

【DATA】

松本人志(ご、ガ、一、寸、V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
浜田雅功(ご、ガ、V赤、V紫)

今田耕司(ご、寸、V赤、V黄、V紫)
東野幸治(ご、寸、V赤、V黄、V紫)
板尾創路(ご、寸、一、V赤、V黄、V紫、大、さ)
蔵野孝洋(ご、V赤、V黄)
木村祐一(ご、一、V赤、V黄、V紫)
遠藤章造(ガ、V赤、V黄、V紫)
田中直樹(ガ、V赤、V黄、V紫)
山崎邦正(ガ)
YOU(ご)
篠原涼子(ご)
吉田ヒロ(ご)

宮迫博之(大)
原西孝幸(大)
宮川大輔(大)
野見隆明(さ)

<スタッフ側>
高須光聖(ご、ガ、一、寸、V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
倉本美津留(ご、ガ、一、寸、V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
板尾創路(V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
木村祐一(ご、ガ、寸、V赤、V黄、V紫)
長谷川朝二(ご、大、し)
福原太(ご)
三木聡(ご)
かわら長介(ご)

テイ・トウワ(大)

白岩久弥(V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
大崎洋(ご、一、寸、V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
岡本昭彦(ご、ガ、一、寸、V赤、V黄、V紫、大、し、さ)
菅賢治(ガ)
斉藤敏豪(ガ)
藤原寛(ガ)

【凡例】
ごっつええかんじ=ご
ガキの使い=ガ
一人ごっつ=一
寸止め海峡=寸
各VISUALBUM=V赤、V黄、V紫、
大日本人=大
しんぼる=し
さや侍=さ

【音楽】『ファンファーレと熱狂』/andymori

★★★★★★(6点/★は10点満点)

1曲目『1984』は間違いなく名曲である。

andymoriの『ファンファーレと熱狂』である。このバンドは歌詞を聴くタイプのバンドであると思う。1984はぜひ歌詞を音読していただきたい。この曲はつまるところ、80年代に生まれて、熱狂の時代が終わったあとに世に出て行く世代への慰めにも似た、あるいは弱さへの決別とも言えるテーマである(筆者は1981年生まれ)。

間奏中にはファンファーレが鳴り響いている。しかしそれにしても、こんなにすがすがしく、こんなに弱々しく、こんなに孤高なファンファーレの存在はなんなんだろう。