Category: books

【books】三十五歳たちへ。/泉麻人(1993)

20年前、泉麻人は歳を取ることについて何を考えていたか。

自宅の本棚をざーっと整理していくと、10年前に買って、途中で読まなくなった本が出てきたのです。それが、「三十五歳たちへ。/泉麻人」なのです。「ああ、そうか。泉麻人か。そうかそうか」などと言って読み始めたのです。私は32歳を目前に控え、このときの泉麻人さんに近づきつつある年齢。そんなこともあり、ページを開かずにはいられなかったのです。

実年齢的には近づきつつあるけど、生まれ育った年代は大きく違うので、分からないマニアックな話も部分も多分にあるのですが、ここにあるのは、時の人、時代を体現する若者を過ごした“コラムニスト・泉麻人”が、中年を迎えることに対する照れとか、寂しさとか、希望とか落ち着きとか、そういったものがない交ぜになったような感情が文章のそこかしこに現れ、それは30代前半を突き進む私の胸にも20年の時を越えて(この本は1993年に書かれた)刺さるものがあったのです。

泉麻人さんがこの本で対峙しているのは、新人類としてそれまでとはまったく違う“ナウな”価値観を背負った世代が、歳を取ることに戸惑っているという話で描かれていて、それは「いつまでも若くありたい」と「良い感じの枯れたオヤジへの憧れ」というダブルスタンダードの葛藤が、脳天気なコラムのそこかしこに立ち現れて、リアルタイム(当時私は中学生だった)とは違う読み方ができるようになっていました。

さて、この本の執筆当時と現在における35歳の意味の違いを考えると、歳を取ることの意味はこの20年で大きく変わってしまったと感じるのだ。今の35歳は、この頃の35歳のような寄る年波の焦りを感じているだろうか。それは、泉麻人さんをはじめとした新人類世代が、歳の取り方の概念をちょっとずつ変えた結果、このような世の中になったのであろう。先人達の苦労があって、我々は30代になってもカラオケに行ったり、ガリガリくん食べたり、牛乳瓶のフタを集めたり、コンパに行ったりといった一昔前なら子供っぽいとされてきた行為を違和感なく行えるのである。

ところで気になるのは、今は泉麻人さんの世代と別のバイアスが35歳にかかっているということだ。本人はオジサンになりたいのに、世間がなかなか歳を取らせてくれない。これは1993年の社会と別のバイアスである。35歳の泉麻人さんはもはや書き手としての円熟期に入っているのだが、私や私と同世代の書き手はどうだろう。いまだ“あるはずの未来の熟成”を目指して暗中模索しているイメージだ。我々は歳を取れなくなってしまった。人生の折り返しとも言える35歳を迎えてもなお。

そんなこんなで、年齢の価値、時代の空気、どちらのベクトルからも楽しめる本でした。小学生の朝井麻由美がマリオブラザーズにハマる描写も出てきて、とても楽しかったです。

【引っ越しなので手放す本レビュー】9冊目「グラスホッパー/伊坂幸太郎」

グラスホッパー/伊坂幸太郎

★×5

確かに面白い。面白いけど、伊坂さんの作品全体に言えるんだけど、
これを読者に長時間を強いる小説として
表現する意味はあんのか? とは思う。
別にこれなら映像作品とかのほうがぐっとこないかな? と思うのだ。
同じことは石田衣良さんにも言える希ガス。

【引っ越しなので手放す本レビュー】8冊目「告白/湊かなえ」

告白/湊かなえ

★×8

やっぱりこうやって読み終わった小説を振り返ると、明らかに湊かなえの小説は抜群に
「文学」していて、読んでおくべき本のなかの一冊だと思ったよ。
重みが違うよね。
人間のヤバイところが全部書かれている気がする。
これが映画で例えるなら「家族ゲーム」のような仕上がりになったと思う。
(映画の「告白」はまだ見てない。今度見る。)

本屋大賞の面目躍如ですね。
面白いけど、読み返すほどではないから、とりあえず売っちゃいます。

【引っ越しのため手放す本をせっかくなのでレビュー】4冊目「キミは他人(ひと)に鼻毛が出てますよと言えるか/北尾トロ」

キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか/北尾トロ

★×6

小心者のライターが、普段からやりたいんだけどなかなかできないちょっとしたこと
(例えば「友人に貸した2000円を返してもらう」「競馬で30万円一点買い」)、
を実践するレポート。
こういう、「ただただ面白い、笑えるというノンフィクション本」みたいなものは、
最近減ってきましたね。

【引っ越しのため手放す本をせっかくなのでレビュー】3冊目「なまづま/堀井拓馬」

なまづま/堀井拓馬

★×7

わりと楽しめました。お奨めです。このブログでは★×10が満点の評価で、1点刻みで
採点にしばっているのですが、★×7.5ぐらい与えても良いと思います。
一気に読んだ記憶があります。

【引っ越しのため手放す本をせっかくなのでレビュー】2冊目「恋する原発/高橋源一郎」

恋する原発/高橋源一郎

★×6

高橋源一郎は、我々が震災後感じた、強迫症のような症状のまま、
衝動的に作品を書いている印象。作家としては正しい行いだと思った。
相変わらず不愉快な感じがたまらなくいいですね。
チャリティのためのAVを作るという感じがまた何とも。

【引っ越しのため手放す本をせっかくなのでレビュー】1冊目「博士の愛した数式/小川洋子」

さて、実は自宅の引っ越しが近く、これまで読み終わった本を手放すタイミングなのであるが、段ボールに貯まった1年分の読了済みの本について、 特に感想を書き記しておきたい作品を、1行ずつコメントを入れながらブックオフの担当の人が来るまで続けてみたいと思う。今、ブログ界で流行している、推敲せずにとりあえず書いちゃうやつです。果たして何冊記しておけるだろう。

博士の愛した数式/小川洋子

★×5。本当は★×5.7ぐらい。でも小数点以下は切り捨てると決めたから★×5ですね。
この本の内容については特に僕のほうで考察を加えるまでもない良くできた純正のエンターテインメントだが、
この本が売れているという現象にはなんだか記しておきたいものがある。

どうして一部の文系の女性は数学に対して、魔法を使える人みたいな扱いをするだろう。
この本が売れているということは“一部”はある程度母数として多いのではないか。
身の回りのことが自分で出来ない、だけど素数については誰よりも見識がある“博士”を
どうしてこんなにもロマンティックに描けるのか。(皮肉として)
数学はロマンティックではなく、真理である。
それは区画された高層ビル街のように、“お化け”のような文学的な不確かなものを排除したものである。
ということは本来そこにはロマンティックは存在しないはずだ。
なのに、ああ、なのに。数学はそういうもんじゃないのに。。。何この違和感。。
元理系のライターはそのように考えているの皆さんはどうか。

ところで、ちょっと冗長だと思わない? 僕はそう思う。